福岡で革作家として活動中の革工房kimamamonoです。

「モノの本質」をスタート地点にして

 

「こだわらない事にこだわらない」

「かわったものとかわらないもの」

 

をベースにスタンダードなものから変わったものまで幅広く製作しております。

使っていくうちに持ち主が工夫したり、慣れや諦めで生まれる「使いやすさ」より、使っている人が感じている「使いにくさ」の少なくなるようなモノや、全て革だから出来ることを意識し、直感を練り上げてイメージを固めるようにしています。

 

一癖も二癖もある癖に使いやすい、なんとも気まますぎる革ったものが

日々続々と出来上がっております。

見て、そしてできれば手にとってワクワクしていただければ幸いです。